1. トップページ
  2. 角栓を取る毛穴パック~効果がない理由

角栓を取る毛穴パック~効果がない理由

角栓取りパック

ビオレの毛穴シートパックが人気ですよね。ベリベリベリー!と剥がすとまあ黄色い先の尖った角栓が一杯取れます。

しかし、毛穴から無理に引っこ抜くため、バリア機能がない毛穴内壁が炎症を起こして毛穴広がりの原因となります。また毛穴以外の部分にも強力な接着剤がついていますよね。角栓と一緒に角質も剥がれてしまいます。

角質層内部の細胞間脂質が流出してしまい、肌バリア機能も落ちてしまいます。バリア機能が落ちると角栓が溜まりやすくなるため逆効果なのが分かるでしょう。

毛穴シートパックは主に鼻に使うと思いますが、鼻って誰でも赤くなりやすいですよね?それって炎症なのですが、つまりはバリア機能が元から弱いんです。特に小鼻と鼻頭は。

そこを毛穴シートパックで無理やり痛めつけてしまうとなおさらヤバイのが分かるのでは?

オロナインパック

オロナインが角栓に効くという美容テクニックが一部で話題です。

綺麗になるという人もいますが、殺菌作用があるため何度もやっていると皮膚常在菌バランスが崩れます。

オロナインの説明書にも書いてありますが、5~6日使って改善しなければ医師・薬剤師に相談してくださいとなっています。つまり、オロナインとしてはこれをいつまでも常時使うものとして製造していないということ。

それを毛穴角栓ケアにしようしてしまうと、本来の想定していた使い方と違うことになります。

医薬品系をスキンケアに使う人が増えていますが、医薬品は症状を治すためのもので、治るまでの目安期間が設定されています。ステロイドとまでいかなくても、薬の部類は肌に優しいイメージのものでも頻繁に長期間使うと肌トラブルが出る場合があります。

そもそもオロナインの配合成分に角栓を溶かすようなものはほとんどなく、むしろ肌の皮脂、細胞間脂質を溶かし出してしまうものが多いです。